// Topsy Retweet Button for Web Sites
ホーム > HDD > | カテゴリー別 | APU | AM1 | AM3+ | SB | SBE | Haswell | Ivy Bridge | Opteron | GPU | HDD | SSD | TS | その他 | リンク集 | サイトについて |

2012年04月17日

Western Digitalが第3世代めのVelociRaptor(VR333M)を発表

Western Digitalが第3世代めとなるVelociRaptor(VR333M)を発表しました。

WD VelociRaptor Hard Drive Reaches New Performance Peak with 1TB Model - techPowerUp
WD VelociRaptor(VR333M) 製品情報
Western Digital VelociRaptor 1TB (WD1000DHTZ) Review - AnandTech

VelociRaptor(VR333M)は最大1TBタイプをラインアップした第3世代のVelociRaptor。世代が変わるごとに確実に進化しており、第2世代と比較するとキャッシュは倍増の64MB、プラッタは約1.6倍の333GB、データ転送速度は約1.4倍の200MB/sとなっています。

シーケンシャルとランダムパフォーマンスはHDDではともにトップスコア。シーケンシャルリードの速度は、外周で約210MB/s、最内周で123MB/s、平均で173MB/sになっています。

●第1世代~第3世代の比較
- VR150M:150/300GB、3Gbps、16MB、転送速度128MB/s、150GBプラッタ
- VR200M:450/600GB、6Gbps、32MB、転送速度145MB/s、200GBプラッタ
◎VR333M:250/500/1000GB、6Gbps、64MB、転送速度200MB/s、333GBプラッタ

●VelociRaptor(VR333M)のラインアップ
- WD2500HHTZ : 250GB : 159.99米ドル
- WD5000HHTZ : 500GB : 209.99米ドル
- WD1000DHTZ : 1000GB : 319.99米ドル

最近は1TBプラッタの3.5インチHDDモデルのシーケンシャル速度も相当速くなっていますが、今回のバージョンアップでまた差がつきましたね。ただし、最近はSSDやキャッシュ専用SSDなどもあるので、どういうユーザーがVelociRaptorを選んでいるのかは興味がありますね。


通販情報
◎SSD SOFMAPドスパラTSUKUMOアークFAITHiconPCワンズ
◎HDD TSUKUMOドスパラSOFMAPアークPCワンズクレバリー



Posted by nueda at 2012年04月17日 00:11 JST | トラックバック | ホームに戻る
コメント

10krpmのHDDって、用途が見当たりませんね。

15krpmでSASに迫る性能をSATAで出してくれれば面白いのですが。。
リード・ライト速度では断然SSDですし。

Posted by: ぺぱ at 2012年04月18日 14:34
コメントする
(書込時に「、」か「。」が必要です。内容によっては削除しますので、ご了承ください)









名前、アドレスを登録しますか?