// Topsy Retweet Button for Web Sites
ホーム > SSD > | カテゴリー別 | APU | AM1 | AM3+ | SB | SBE | Haswell | Ivy Bridge | Opteron | GPU | HDD | SSD | TS | その他 | リンク集 | サイトについて |

2011年09月25日

Crucial m4 SSD 128GBのファームウェアを0009に更新してみました

Crucial m4 SSDのファームウェア 0009はシーケンシャルリードが20%向上といわれ、AKIBA PC Hotline!のベンチマークで500MB/sオーバーしていましたが、手持ちのm4 128GBで0009を試してみました。

測定環境はうちの初のASRockマザーボードとなったA75M-ITX(BIOS 1.20)とA6-3650(2.6G)です。こちらは更新前のファームウェア 0001でのCrystal Disk Mark 3.0.1です。

こちらがファームウェア 0009のCrystal Disk Mark 3.0.1です。うちの環境ではランダム ライトのスコアが若干下がっていますが、リードのスコアはアップし、シーケンシャルリードは500MB/sオーバーになっています。ちなみにm4のシーケンシャルリードの公称値は415MB/sです。

8千円台で買える最廉価の64GBモデルも0009では500MB/sオーバーになるので、SATA 6Gbps対応マザーボードを持ちSSDを導入してみたい人にはいいかもしれません。
→ Crucial m4 通販情報 : ドスパラSOFMAPアークTSUKUMOPCワンズ



通販情報
◎おすすめSSD特集 SOFMAPドスパラTSUKUMOFAITHiconPCワンズ



Posted by nueda at 2011年09月25日 12:34 JST | トラックバック | ホームに戻る
コメント

うちのマシンだと、ASRock P67Extream4でRAID0して普通にシーケンシャルリード1GB超えました。
実質4万以下でこの速度とはいい時代になりましたね。

Posted by: kt at 2011年09月26日 01:07
コメントする
(書込時に「、」か「。」が必要です。内容によっては削除しますので、ご了承ください)









名前、アドレスを登録しますか?