// Topsy Retweet Button for Web Sites
ホーム > AM3P > | カテゴリー別 | APU | AM1 | AM3+ | SB | SBE | Haswell | Ivy Bridge | Opteron | GPU | HDD | SSD | TS | その他 | リンク集 | サイトについて |

2011年03月03日

AM3マザーボードにはZambeziが挿さらないみたい・・・

Socket AM3+は現行のSocket AM3に比べてピンが1本増えており、現行のAM3マザーボードにはAM3+に対応したZambeziが挿さらないようになっているとのこと。

AMDの次期CPU向けAM3+ソケット搭載マザーボードを各社が展示 - PCオンライン

MSIとASRockの黒いソケットのAM3+ マザーボードの情報を紹介しましたが、「黒いソケット」は期待のBulldozerアーキテクチャーのZambeziに対応したことをわかりやすくするために採用したようです。AM3でも条件付でZambeziが動くかもと期待していたのですが、挿さらないとなるとあきらめるしかなさそうです・・・

どのメーカーも4月にはSocket AM3+対応製品に移行するとあり、この記事ではGIGABYTE 3製品とASRock 6製品のAM3+マザーボードの情報が掲載されています。特にASRockは一部の製品を出荷しており、1~2週間で市場に登場するとのことです。

◎GIGABYTE
- GA-890FXA-UD5 (AMD 890FX+SB850)
- GA-870A-UD3 (AMD 870+SB850)
- GA-880GMA-USB3 (AMD 880G+SB850)

◎ASRock
- 890FX Deluxe5 (AMD 890FX+SB850)
- 870iCafe R2.0 (AMD 870+SB850)
- 890GX Extreme4 R2.0 (AMD 890GX+SB850)
- 890GX Pro3 (AMD 890GX+SB850)
- 880GM Pro3 R2.0 (AMD 880G+SB850)
- 880GMH/U3S3 (AMD 880G+SB710)

AMDのマザーボードも4月からは徐々にAM3+が売れ筋になりそうですね。にしてもAMD 900シリーズがまだまだ先になるのでしょうか?


通販情報
[AMD E-350搭載マザーボード] ドスパラTSUKUMOSOFMAPクレバリー
[Phenom II/Athlon II] SOFMAPドスパラPCワンズFAITHiconクレバリー



Posted by nueda at 2011年03月03日 02:58 JST | トラックバック | ホームに戻る
コメント

ぅゎぁ

差し替え不能なら丸ごと入れ替えだから、普通に競合とシビアな比較になるなあ。
後方互換性無いなら、AM3 CPUをAM3+に挿す必要性なんか無いんだからLGAに移行とかでよかったんじゃないの。

Posted by: zyugo at 2011年03月03日 11:33

安く組んであとからCPUだけ変更ってパターンに対応するためだと思いますよ。
安いブルドーザーはしばらくでなそうですし、今の価格帯の後継はLlanoだろうし。
AM2+環境はさすがに終わったか・・・

Posted by: saka at 2011年03月03日 13:52

嘘だと言ってよ、バーニィ!

1090Tからそのまま移行できると思っていたので
これはショックですねぇ・・・

Posted by: a at 2011年03月03日 20:06

940BEで粘り続けた俺の勝利だ!w
もう、AM2マザー手に入らなくてM-ATX化とかできなくてつらい・・・。

Posted by: mii at 2011年03月03日 21:38

>安く組んであとからCPUだけ変更ってパターンに対応するためだと思いますよ。

この想定だとしたら、Bulldozerの価格帯が何となく見えてくるね。
価格的に現行の最上位とも一線を画すのかもしれない。

Posted by: nanaC at 2011年03月03日 22:11

互換性が無いなら、AM3+じゃなくてAM4の方がよかった

Posted by:   at 2011年03月03日 23:41

未だにX2 4600+でFF11動くから粘ってます。
そろそろAMD系のPCを買い替えたかったのですがそうですか・・・。
ブルドーザー高いのですね。

AM2 M-ATXマザー
テスト環境用にまな板と一緒に眠ってます。

Posted by: むむ at 2011年03月04日 12:37

1090Tからそのまま移行できると思っていたのでショックです・・・。

Posted by: hiro at 2011年03月04日 22:40

互換性がないのにAM3+と名乗る理由がわからない…。
紛らわしいし、今後AM4が登場する前振りにしか思えないんだけど、どうなんでしょうね?

Posted by: UMA at 2011年03月05日 03:04

ソケット側に穴が増えたのは確かなようだが、CPU側でこれに対応するピンが増えたことは確認されていない。
したがってまだ不明というのが正しい解釈ですな。

完全な新規にするならSocket F/C32に使われているLGA1207の物理形状を流用すると思われるので、中途半端な非互換というのは考えにくい。
ただし、設計を進める上で何らかの問題(たとえばBullをAM3板に挿すと供給電流値や信号のセットアップ時間が規格に合わなくなる)が明らかになったということであれば、敢えて途中から互換を切った可能性もあり得ますね。
全部推測に過ぎませんが。

Posted by: slava at 2011年03月05日 11:51

残念ながら、新心CPU対応のソケットに意味もなくピンを増やすわけがない。この+1ピンが、ブル用の追加ピンと捉えるが道理。

Posted by: ジョー at 2011年03月05日 19:06

互換がないなら3+にする必要ないと思うんだけどな。
マザーだけ買ってam3で使用してあとでcpuを交換ってことなんだろうけど、それってam2以前の人しか恩恵ないだろ。それ以降の人は今のままでAM3動くんだから。しかもそのうちam4出るんでしょ。

Posted by:   at 2011年03月07日 02:31

AM3 AM3+
ユーザーには、実に分かりにくい。
「Bull」が高価なら
ミドルエンド・ローエンドユーザーにはAM3継続なのか?

Posted by: lion at 2011年03月10日 21:02

マザーは今後AM3+対応だけが販売され、CPUはZambezi、PhenomII、AthlonIIの併売になるだろうね

Posted by: キッド at 2011年03月12日 10:32
コメントする
(書込時に「、」か「。」が必要です。内容によっては削除しますので、ご了承ください)









名前、アドレスを登録しますか?