// Topsy Retweet Button for Web Sites
ホーム > APU > | カテゴリー別 | APU | AM1 | AM3+ | SB | SBE | Haswell | Ivy Bridge | Opteron | GPU | HDD | SSD | TS | その他 | リンク集 | サイトについて |

2014年01月29日

A10-7850KでConfigurable TDP機能を試してみました ~ AUTO、65W、45W

Kaveriは「Configurable TDP機能」によって、ターゲットとするTDPを65Wや45Wに低く設定することが可能です。

私が使用しているASRock FM2A88X-ITX+のUEFIには、"Target TDP"の項目があり、AUTO(A10-7850Kの場合は95W)、45W、65WからTDPを選択することが可能です。今回は各TDPを設定して、ベンチスコアとベンチ中のCPUクロックやCPU電圧の変化をチェックしてみました。

●UEFIの画面
・Advanced CPU Configuration

・TDPの選択画面

●計測環境 (ターゲットTDP以外はすべてAUTO設定)
- OS: Windows 7 Professional 64bit SP1
- CPU: AMD A10-7850K (4C、定格3.7GHz/TC ON、NB 1800MHz)
- 内蔵GPU: Radeon R7 Graphics (クロック 定格)
- CPUクーラー: PROLIMA TECH Samuel 17
- CPUクーラー用ファン : Xinruilian RDL1225S-PWM (12cm 25mm厚)
- マザーボード: ASRock FM2A88X-ITX+ (2.10)
- メモリ: OCMEMORY OCM2400CL10D-8GBN (今回はDDR3-1600で動作)
- ストレージ: 東芝 HG5d 256GB (SSD)
※ クロックや電圧のログ収集にはOpen Hardware Monitorを使用しています。


●A10-7850KのTDP AUTO 設定時
電圧は1.1~1.3V。クロックは3.0GHz~3.8GHz。

●A10-7850KのTDP 65W 設定時
電圧は1.1V前後。クロックは3.2GHz付近が多い。スコアはAUTOの92%。


●A10-7850KのTDP 45W 設定時
電圧は0.9から1V。クロックは2GHz付近が多い。スコアはAUTOの69%。

今回の結果では各TDPの特長が比較的わかりやすく出たのではないでしょうか。TDP 65Wや45WのKaveriは現時点では未発売ですが、手軽にTDPを下げることができるので、このような使い方もありかもしれません。


FM2+関連商品 通販情報
- APU : ドスパラアークTSUKUMOSOFMAPiconPCワンズ
- マザーボード :アークTSUKUMOPCワンズSOFMAPiconドスパラ



Posted by nueda at 2014年01月29日 03:52 JST | トラックバック | ホームに戻る
コメント
コメントする
(書込時に「、」か「。」が必要です。内容によっては削除しますので、ご了承ください)









名前、アドレスを登録しますか?