// Topsy Retweet Button for Web Sites
ホーム > IB > | カテゴリー別 | APU | AM1 | AM3+ | SB | SBE | Haswell | Ivy Bridge | Opteron | GPU | HDD | SSD | TS | その他 | リンク集 | サイトについて |

2013年01月15日

Haswellはベースクロックを上げてオーバークロックできるようになる?

“Haswell”ではベースクロック上昇によるOCが再び可能となる? - 北森瓦版

COMPUTEXで発表かといわれているINTELの次期デスクトップCPU Haswellでは、CPUコアとアンコアのベースクロックが分離されることで、ベースクロックを上げてオーバークロックできるようになる可能性があるようです。

現行のIvy BridgeはBCLKを7%前後しか上げられないこともあり、この機能があればオーバークロックの自由度が一気にあがりそうです。ちなみに以前の情報ではSandy Bridge-Eで採用されているようにBCLKで100MHz/125MHz/166MHzが用意される?という話がありました。


通販情報
【INTEL NUC】AmazonTSUKUMOドスパラSOFMAPiconアークFAITHiconPCワンズ
[Ivy Bridge] ドスパラTSUKUMOアークPCワンズ



Posted by nueda at 2013年01月15日 01:35 JST | トラックバック | ホームに戻る
コメント

haswellは主に省電力化の為にVRMがCPUに内蔵されることから、
VRMの性能や設定幅が現行に比べかなり狭めに限定されるとか、
極冷環境ではVRMまで冷却されすぎてOCには向かないのではなどという噂もありますが、
ベースクロックの分離が本当だとするとOCも期待できるのかも知れませんね。

Posted by: kuro at 2013年01月16日 20:18
コメントする
(書込時に「、」か「。」が必要です。内容によっては削除しますので、ご了承ください)









名前、アドレスを登録しますか?