// Topsy Retweet Button for Web Sites
ホーム > PentiumM > | カテゴリー別 | APU | AM1 | AM3+ | SB | SBE | Haswell | Ivy Bridge | Opteron | GPU | HDD | SSD | TS | その他 | リンク集 | サイトについて |

2005年05月17日

VIAがPentium Mソケット互換CPUを計画中

VIAがPentium Mソケット互換CPUを計画中みたい。

VIA to launch Pentium M pin-compatible CPU - The Inquirer
VIA lowering K8 chipset pricing 10%-20% - OCW

VIA関係のネタふたつ。

ひとつはVIAがPentium Mソケット互換CPUを計画しているというもの。静音マニアにはたまらないCPUになりそうですね。ノートPCにも搭載される可能性があるかもしれません。

もうひとつはK8用のチップセットから撤退をする可能性があるらしいこと。INTEL用のチップセットに集中するというのが理由のようです。
K7以降長いことAthlon用のチップセットを支えてきたのはVIAなので、この決定が本当なら寂しい限りですね。

Posted by nueda at 2005年05月17日 09:21 JST | トラックバック | ホームに戻る
コメント

互換CPUを作るのは歓迎ですが、性能が気になりますね
C3は大きくPentiumMに引き離されてますし、同等とは言わずとも2割ダウンくらいが実用の限界な気がします

チップセット撤退の話は、出来れば再検討になって欲しい…
せめてK8T890Pro+VT8251は完成させて欲しいですね
AMD CPU向けチップセットではnVidiaに追い抜かれ、Intel CPUにもnVidiaが参入してきた今、VIAはnVidiaを押さえることが出来るのでしょうか
一般市場を撤退、組み込みPCの方に完全にシフトしてしまわないよう、自作ユーザーとして切に願います

Posted by: at 2005年05月18日 08:56
コメントする
(書込時に「、」か「。」が必要です。内容によっては削除しますので、ご了承ください)









名前、アドレスを登録しますか?