// Topsy Retweet Button for Web Sites
ホーム > Athlon > | カテゴリー別 | APU | AM1 | AM3+ | SB | SBE | Haswell | Ivy Bridge | Opteron | GPU | HDD | SSD | TS | その他 | リンク集 | サイトについて |

2005年04月05日

VeniceコアのAthlon64 3800+ Rev. E3のレビュー

期待のVeniceコアの3800+ Rev. E3のレビューがX-bit labsに掲載されている。

AMD Athlon 64 3800+ CPU: E3 Processor Core aka Venice at the Door - X-bit labs
Rev. E3 - Hammer-Info(4/4)

4月4日に出荷開始といわれていた期待のVeniceコアの3800+ Rev. E3のレビューがX-bit labsに掲載されている。

内容についてはHammer-Infoさんが分かりやすく再編集されているので詳細はリンク先でどうぞ。こちらでは一部気になる部分だけを紹介します。

(1) メモリコントローラの改良
Rev. E3はダブルサイドのDDR400でも400MHz/2Tで動作。(D0は333MHzで動作)
→ 4枚ざしでもパフォーマンスが落ちないのは朗報でしょうね。

(2) 既存マザーボードとの互換性
・テスト対象: nForce3:MSI Neo2 Platinum、EPoX 9NDA3J
nForce4 - ASUS A8N-SLI、EPoX 9NPA+ Ultra、DFI NF4 Ultra-D、MSI Neo4 Platinum SLI
・結論:最新BIOSにアップした後全て動作した。C'n'QはMSI Neo4 Platinum SLIしか動作せず。
→ 動かないことはなさそうですが、C'n'Qなどの問題はありそうですね。

(3) CPU温度 (CG-D0-E3比較)
(4) 消費電力 (CG-D0-E3比較)
→ ともにWinchesterコアのD0が一番よいですね。E3はわずかですが負けてます。

(5) オーバークロック (AVC Z7U7414001使用)
- Vコア定格1.4Vのまま → 2,712MHz (226x12) * Prime95とS&Mが完走
- Vコア定格の13%増し1.58V → 2,880MHz (240x12)
- Vコア定格の13%増し1.58V → 2,880MHz (288x10) * ベンチスコアあり
→ ここらへんは期待できるかも。今回のE3はクロック上げが目的のようにありますしね。

旧CGコアよりは5%ベンチマーク向上とありますし、今から3800+を買うならRev. E3を待った方がいいかも。ただしC'n'Qのトラブルもありますから、マザーボードの情報には留意した方がいいでしょうね。

関連記事
Athlon 64 FX-57と4200+がCeBITで発表 (発表されず)
Athlon 64 4200+のCPU-Zのスクリーンショット

Posted by nueda at 2005年04月05日 00:43 JST | トラックバック | ホームに戻る
コメント
コメントする
(書込時に「、」か「。」が必要です。内容によっては削除しますので、ご了承ください)









名前、アドレスを登録しますか?