// Topsy Retweet Button for Web Sites
ホーム > VGA > | カテゴリー別 | APU | AM1 | AM3+ | SB | SBE | Haswell | Ivy Bridge | Opteron | GPU | HDD | SSD | TS | その他 | リンク集 | サイトについて |

2005年03月22日

SLI動作が可能な6600無印チップ

SLI動作が可能な6600無印チップをNVIDIAが準備しているみたい。

Nvidia lo launch 6600 vanilla SLI - The Inquirer

INQによると、NVIDIAはSLI動作が可能な6600無印を持っているようだ。このチップの存在によって、「GIGABYTEが6600無印のデュアルGPU搭載カードを発表」が可能になったということなんだろうね。

では6600無印と6600GTで現状いくらの差があるだろうか。コアだけでなくメモリの種類(クロック・サイズ)も異なるがいくつかのメーカーの128MB版で比較してみた。価格に比較にはTSUKUMOの「GeForce 6600/6600GT PCI E版の通販リスト」を使用した。

- ASUS :無印/14,280円・GT/20,780円 → 差額 6,500円
- GIGA :無印/14,800円・GT/22,980円 → 差額 8,180円 (ファンレス)
- LEADTEK :無印/13,780円・GT/22,980円 → 差額 9,180円
- MSI :無印/14,980円・GT/23,980円 → 差額 9,000円

6600無印と6600GTって思ったよりも値段差があるんですねえ。仮に今の値段のままで6600無印のSLI版が発売されたとすると、3万円程度でSLIができるということになる。もっとも日本の場合だとSLIマザーを購入する層が6600無印でSLIをするとは思えないが、アップグレードパスが残されるというは悪い話じゃないしね。

Posted by nueda at 2005年03月22日 01:20 JST | トラックバック | ホームに戻る
コメント
コメントする
(書込時に「、」か「。」が必要です。内容によっては削除しますので、ご了承ください)









名前、アドレスを登録しますか?